1 名前:荒波φ ★:2020/07/13(月) 09:12:36 ID:CAP_USER.net 作家の村上春樹氏(71)が、関東大地震後に起こった朝〇人虐〇事件を取り上げて排他主義に対する懸念を表わした。 村上氏は12日、毎日新聞とのインタビューで「こういう一種の危機的状況にある場合には、例えば関東大震災の時の朝〇人虐〇のように、人々が変な方向に動いていく可能性がある」とし「そういうのを落ち着かせていくというのはメディアの責任だと僕は思う」と語った。 新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)が世界に広がりながら、危機感が高まっている中で自国中心主義が強くなったことについて「危機的状況」と診断したのだ。 1923年9月1日にマグニチュード7.9の地震が関東地方を襲った後、「朝〇人が井戸に毒を入れた」「朝〇人が放火して回り、暴動を起こそうとしている」「朝〇人の背後に社会主義者がいる」などのデマが広がり大量虐〇が起きた。 当時、日本人の自警団や警察、軍人が在日朝〇人と社会主義者を組織的に〇害しながら犠牲者だけで少なくとも数千人にのぼることが分かった。日本政府とメディアが先に立って扇動してほう助したという主張もあったが、きちんとした真相究明は行われなかった。 インタビューに先立って行われたラジオ放送収録で、ドイツ独裁者ヒトラーのプロパガンダについての話を引用した村上氏は「僕は60~70年代の学園紛争時代に、言葉が一人歩きして、強い言葉がどんどん闊歩(かっぽ)していく時代に生きていた」とし「強い言葉が一人歩きする状況は嫌だし、怖い」との意見を明らかにした。続いて「その時代が過ぎ去ったら、全部そんな言葉って消えちゃう。誰も責任取らない」とし「そういうのを見てきたから、そういう言葉に対する警報を発したいという気持ちが強いです、右であれ左であれ」と付け加えた。 ツイッターを利用して一方的なメッセージを発信するドナルド・トランプ米大統領のコミュニケーション方式に対しても疑問を投げかけた。 村上氏は「今、ツイッターみたいな、トランプ米大統領がやっているみたいな、限られた文字で言いたいことだけを言うSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が一種の発信の中心になっていますよね」と指摘した。続いて「あんな短い文章で言いたいことが言えるわけないと思う」とし「僕はそうじゃないやり方で、そうじゃないメッセージを発したい」と願いを明らかにした。 そのようなコミュニケーション方法として小説と音楽を例にあげた。新型コロナ緊急事態発令当時、ラジオ番組を放送して人々の心を和ませた村上氏は「ステートメント(声明)みたいなものって、僕はあまり信用しない。長く強くは残らないと僕は思う」とし「でも音楽はロジックを超えたもの」としつつ、音楽は共感させる力が大きく、それは小説も同じだと語った。 中央日報/中央日報日本語版 2020.07.13 07:14 https://japanese.joins.com/JArticle/267993 引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1594599156 続きを読む 1 名前:荒波φ ★:2020/07/13(月) 09:12:36 ID:CAP_USER.net 作家の村上春樹氏(71)が、関東大地震後に起こった朝〇人虐〇事件を取り上げて排他主義に対する懸念を表わした。 村上氏は12日、毎日新聞とのインタビューで「こういう一種の危機的状況にある場合に...http://rss.rash.jp/img/b_006.gif