1 名前::2022/08/06(土) 06:52:24.59 ID:aANfD6dQ0●.net BE:837857943-PLT(17930) Microsoft が Windows クライアントのメジャーバージョンリリース間隔を 3 年に戻し、2024 年に Windows 12 (仮) をリリースする計画だと 報じられている (Windows Central の記事、 Neowin の記事、 Ars Technica の記事、 Softpedia の記事)。 Windows クライアントのメジャーバージョンは開発が大幅に遅れたWindows Vista を除き、ほぼ 2 ~ 3 年間隔でリリースされていた。 しかし、Microsoft は Windows 10 で継続的に新機能と更新プログラムを提供する「サービスとしてのWindows (WaaS)」への移行計画を示す。 これにより大型の機能更新プログラムが年に2回提供されていたが、機能更新プログラムの規模は小さくなり、 Windows 11 のリリースで年 1 回に変更された。また、機能更新プログラム以外で提供される新機能も出てきている。 Windows 11 Insider Preview の Beta チャネルでは新機能をデフォルトで無効化した状態で更新プログラムを配信し、 新機能のイネーブルメントパッケージをオプションの更新プログラムとして配信するテストも行われている。 Windows Central によると、Microsoft は年に 1 回の機能更新プログラム提供をやめて随時新機能を追加する一方で、 3 年に 1 回 Windows クライアントのメジャーバージョンをリリースする計画だという。そのため、Windows 11 バージョン 23H2 は提供されず、 予定されていた新機能はバージョン 22H2 の更新プログラムで追加されていくことになるようだ。ただし、 このような変更は Microsoft 内部での検討が行われている段階とみられ、実現性については不明だ。Microsoft は Windows Central の 問い合わせにコメントを拒否したとのことだ。 https://it.srad.jp/story/22/07/17/0226234/ 引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1659736344 続きを読む 1 名前::2022/08/06(土) 06:52:24.59 ID:aANfD6dQ0●.net BE:837857943-PLT(17930) Microsoft が Windows クライアントのメジャーバージョンリリース間隔を 3 年に戻し、2024 年に Windows 12 (仮) をリリースする計画だと 報じられている (Windows Central の記事、 ...https://livedoor.blogimg.jp/misopan_news/imgs/f/b/fb6e64b7.gif