1: ■忍【LV31,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 21/10/19(火)13:26:08 ID:??? 韓国文在寅大統領が主導するエネルギーインフラ政策は、そもそもが無茶苦茶で支離滅裂なものでした。「2050年にカーボンニュートラルを実現する」と宣言して以降それに拍車がかかり、ついに最悪なものとなりました。2021年10月18日、「2050カーボンニュートラル」についての〇ナリオが発表されたのですが、これが絶句するしかない内容なのです。最新〇ナリオの無茶苦茶な内容08月に出した資料では、〇ナリオを3つの案に分け、①火力発電所の全面停止②LNG火力発電所は維持③LNG火力発電所と石炭火力発電所の両方を維持としていたのですが、これを、A:火力発電所の全面停止B:LNG火力発電所は維持の2つに絞ってしまいました。つまり「石炭火力発電所は全部廃止する」ことを規定路線にしたのです。今夏にブラックアウトの可能性が高まって、慌てて整備中という名目でオミットしていた原発を急きょ稼働させ、火力発電所をフル稼働させてしのいだのをもう忘れたのでしょうか。その上で、再生可能エネルギーによる電力生産を総需要の「60.9~70.8%」まで高めるとしています。これ自体が無理がある計画ですが、その上、無炭素で済む「アンモニア・ガスタービン発電」という現在韓国にまだないどころか、世界でもまだ実装されていない発電システムによる電力生産も見込んでいます。以下が2021年現在の電力生産に占める割合です。2021年の電力生産原子力:24.7%石炭火力:40.3%LNG火力:36.6%再生可能エネルギー:7.0%上掲を2030年には以下のようにするというのです。2030年の電力生産原子力:23.9%石炭火力:21.8%LNG火力:19.5%再生可能エネルギー:30.2%アンモニア・ガスタービン:3.6%その他:1.0%現在「石炭火力発電」が40%あるものを半分にして、「LNG火力発電」の割合も下げ、その分を再生可能エネルギーに担わせようというプランですが、これは無理です。というのも、Money1でも何度もご紹介しているとおり、韓国では太陽光・風力発電施設を乱造しているものの送電網・変電所・電力貯蔵施設というロジスティックの部分が全く追いついていません。発電施設だけ造っても蓄電ができ、送電網に接続されていなければ全くの無駄。ピーク時につくった電力がためられないので、ブラックアウトが発生する可能性が高くなるだけです。『三菱重工』に頭を下げないと実現できませんアンモニア・ガスタービン発電に至ってはなにをかいわんやです。水素(そしてアンモニア)を用いた無炭素発電の開発と実現については日本の『三菱重工』が世界一です。アメリカ合衆国『GE』、ドイツ『シーメンス』としのぎを削って最先端を走っています。韓国にはそんな技術はありません……(以下略)マネーワン 10月19日https://money1.jp/archives/64438引用元:https://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1634617568 続きを読む 1: ■忍【LV31,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 21/10/19(火)13:26:08 ID:??? 韓国文在寅大統領が主導するエネルギーインフラ政策は、そもそもが無茶苦茶で支離滅裂なものでした。「2050年にカーボンニュートラルを実現する」と宣言して以降それに拍車がかかり、つい...http://livedoor.blogimg.jp/katasumisokuhou/imgs/c/9/c99da77e.jpg