この記事は昨日発行されたNews U.S. まぐまぐ(にゅーまぐ)の最新記事「ウィズコロナの英国で異変が生じる」についての簡単な紹介と編集後の感想、補足情報などを追加した記事になる。 News U.S. まぐまぐ October 15の無料部分 ※この記事はNews U.S. まぐまぐ(にゅーまぐ)限定のNews U.S. レポート記事となる。News U.S. noteのNews U.S. レポートでは読むことができない。了承願いたい。 どうも。今日はウィズコロナを進める英国で徐々に増え始めた#8221;ある怪奇現象#8221;について注目しよう。 ――――― ここから下は有料部分 ――――― 1. ワクチン接種を進めた結果英国で何が起きたか 補足情報:ウィズコロナと口にするのは簡単だが… 今回のにゅーまぐ記事では英国にフォーカスしてみたが、内容は基本的にいつものにゅーまぐだ。 怖いですね・・・。こんな事になるなら、誰もそうしなかったと思います。 知識がないというのは恐ろしいよな。ウィズコロナと口にすれば簡単だが、それを実現させるには大きな力が必要だった。その力が今失われようとしている。 やっぱり、ロックダウンが厳し過ぎたんだと思います!イギリスのロックダウンも、結構長かったですよね? 実施のタイミングは遅かったが、期間は長く厳しい印象はあるね。それでうんざりして反動でウィズコロナと叫んだまではいいが…英国だけの話じゃないぞ。世界中すべての国に当てはまる。 少し遅れて、みんな同じ目に遭うんですか? そこは観察してみないと。コロナパンデミックがこれで終わったと思ったら大間違いだと思うね。これから冬が訪れる。甘く見てはいけない。 最後にNews U.S. まぐまぐ記事へのリンクを示す。http://rss.rash.jp/img/b_020.gif